高齢の患者さんと若年の患者さんの看取りの違い