看護師求人サイトランキング

整形外科での夜勤専従看護師

整形外科の夜勤は、日中手術が多い日は、ちょっと忙しいです。

 

整形外科で働いてみると、高齢者の方が断然多いのかと思ったのですが、意外と40〜50代の主婦層もいらっしゃって、踏み台にあがっていて、降りるときにバランスを崩したとか、趣味のスポーツの時にアキレス腱を切ってしまったとか、階段下りるときに踏み外したとか、高齢者だけではないんですよね。

 

夕方から夜にかけては、部活や体育館でのスポーツによる怪我で担ぎ込まれる若者たちも多いです。

 

そういえば、キックボードに乗っていて転倒して、肘を骨折し、手術が必要なお子さんもいました。

 

キックボードに乗るときは、ヘルメット、肘・膝あてをつける、と取扱説明書に書いてあっても、そうするお子さんは少ないですよね。

 

事故は起こりうるものですが、大きな事故を防ぐ予防をご家庭でも出来ていくと子ども達を怪我から守れるのに、とよく思います。

 

中・高校生が足の骨折などで入院すると、面会時間、次々とお友達が訪ねてくるんですよね。

 

患者さん本人も話せるし、食べられるし、ある意味、元気なので、病院生活は退屈で、お友達が来ることは本当に嬉しそうです。

 

勉強が遅れることを気にする子もいるので、そんな時は、「大丈夫よ〜!しっかり治してからでも十分間に合うよ!」と声をかけたりします。

 

歩行、トイレ介助が必要な場合、とても照れくさい思いをするようですが、それも良い勉強ですよね。

 

長い人生で考えれば、1ヶ月、2ヶ月、学校から離れることはある意味良い経験ですよね。

 

高齢者の方の場合は、持病のある方も多いので、服薬管理にちょっと気を遣います。

 

たまに、無理難題を言ってくるようなわがままな患者さんもいますが、頼りになる上司がいるので、患者様の気分をさらに荒立てないよう自分なりに対応して、上司に後は頼んでいます。